横断歩道

うちのアパートは玄関出てすぐ横断歩道なので、日曜以外は緑のおばさんが「あら、おでかけ?」と話しかけてくる。



もうここに住んで10年近くなるのだが、このおばさんというかおばあさん(60~70歳くらい)しか見たことなく、夜勤明けで家に帰ってるのに「いってらっしゃい」と声をかけられ、いってないので返事はしないが桜井和寿の笑顔で会釈をして家に入り、コンビニで飯を買おうとすぐ家を出ると「ごめんね~(涙)。おかえりなさいよね。では、あらためまして(ビシッ)、いってらっしゃいませ(笑)」と心の敬礼が聞こえるいってらっしゃいをやられた。「やれやれ..」とコンビニでどん兵衛にお湯を入れてゆっくり戻ってくると今度は全く意味はわからないが「まあ〜、うさぎと亀(笑)」とたとえられ(先にどん兵衛持って走ってた奴がいたのかもしれない)、なんかめちゃくちゃむかついて無視してしまった。気のせいかもしれないが赤信号で待ってる小学生もみんなおばあさんから話しかけられてる間100m走のスタートラインにいる時の顔をしてる(ゴールだけ見てる)。良かれと思ってこんな朝早くから緑のおばさんをやってくれてるわけなのであまり何も言えないが、正直俺のことはほっといてくれとしか思えないので、未成年の身の安全だけ守っていてほしい。




コンビニ夜勤が終わるとよくバスで帰ってるのだが、全く自分と同じ乗り降りをするおばあさんが毎回いて、向こうも顔を覚えたみたいでバスが来るまでの間よく話しかけられるようになった。今日の気温の話やバスがなかなか来ない話をしてるだけなのだが、やっぱり仕事が忙しかったり、品出し中客がレジに近づく足音が聞こえ、ハイヒールで競歩してるような音と車輪がガラガラする音まで聞こえて嫌な予感しながらレジへ走ると、やっぱり「タバコ」「コーヒー」と名詞しか喋らず、昔見下されていた同僚にパーティー会場で札を拾わすみたいに店員に硬貨を投げて拾わすピンクのアタッシュケース持った女性客だった日の後だとイライラしてるので話しかけないでくれと思うのだが、おばあさんの背中が丸いので許してしまうとこがあった。語尾がむにゃむにゃしていて何言ってるかわからないのもかわいい。横断歩道のおばあさんは背筋がピンとしていて滑舌もよく、井出らっきょとセックスしてそうな感じなのでかわいげがなかった。おばあさんは全員背中が丸くて口が肛門みたいであってほしい。




正月休みに実家へ帰った。うちのおばあさんは背中が丸くて口が肛門みたいなうえに、子宮が落ちて金玉があるのでおばあさんのかわいさを通り越してチンパンジーのかわいさがある。最近はボケてきて俺を兄貴と間違えたり、姉に子供がいると思ってたり、親父に布団の下に隠してた金を盗まれたと言ったり(これはありえるけど)、箸を使わなくなったり(酢の物を手で食べてた)、お茶漬けにお湯をかけなくなったり(お茶漬けの素を皿に出して、指を付けて舐めてた)、風呂があるのに流し台でシャンプーしたり、家の向かいに住むそんなに仲良くもないおばあさんに「死んだらお願いします」と自分の葬式代渡してたり、かわいいだけで済まないこともあるし、かわいいと思って丸い背中をさすったらヒくぐらい背骨が出てて怖ってなったりするが、こいつよりかわいいおばあさんいないなと思う。じいさんの仏壇の菊が、子連れ狼の道中にあるお地蔵さんの菊ぐらいめちゃくちゃに枯れてた。
スポンサーサイト

冬になるとちん毛を切っている。皮が巻き込むからだ。

毎年秋から冬になる時期にちんぽが痛くなる。「噛まれた」とパンツの中を覗くと虫を食べた後の食虫植物みたいなちんぽが見える。仮性包茎な上に大きさがおせちの剥き海老(ややこしいね)なので、寒くなってチャーハンの剥き海老に縮むと全部のちん毛を巻き込んでしまい、FC2アダルトでオナニーをしてそのままFC2一般で昨日のごめんね青春を見たあと立ち上がると「痛ぁあ!」となってしまう。なので、巻き込まないようにちん毛を切るようにしている。仮性包茎でちんぽが小さいと風俗嬢に洗ってもらう前に待合室のトイレで洗わないといけないし、服とちん毛で2回衣替えしないといけない。


寒くなると肌が痒くなる。これは誰でもそうだと思うが、30を越えてからどんどんひどくなってきている。朝起きて、何か足に毛布のカスがやたらついてるなと思って見ると、皮が無かったりする。寝てる間に痒くて掻きむしってるのだが、皮が無くなることは20代では無かった。30代になると皮がいらないとこにあり、皮が欲しいとこに無くなる。皮が無くなるのは加齢と関係ない気もするが、20代の頃は朝起きたらふくらはぎと足首の皮が無くなってるとは夢にも思ってなかったので加齢が原因でないとは言い切れないし、将来に不安しかない自分が無意識に自分を消そうとしてるのかもしれない。布団を干したら楽になった気がする(ダニでしたね)。皮膚科に通うようになったが、これも20代の頃は考えられなかった。背が低く短足で小太りの自分は見た目で誉められることは少ないが、鼻の高さと肌だけは風俗嬢に誉められていた。鼻の高さはどうでもいいが、肌の綺麗さには自信があったので友達に「お前のおっぱい貴ノ浪に似てるな」と言われても傷付かなかった。形が変でも綺麗だから、それがどうしたと思ってたのだが、よく考えたら俺は男だった。今は肌が悪くなった変わりに知恵を覚えたので、痩せれば全てが上向くんじゃないかと思って、今年から炭水化物を抜くダイエットをはじめている。昨日までじゃがいもをめちゃくちゃ食べていたことに気づいた。じゃがいもも炭水化物だった。“野菜”だと思っていた。








友達に赤ちゃんが産まれると赤ちゃんの名前が書かれた命名札を送られることがある。実家ではしばらく家の壁や冷蔵庫に貼ってあった記憶があるので、もしかしたら縁起を担ぐ意味があるのかもしれないと思って、一人暮らししてる東京のアパートでも壁に貼ってあるのだが、最近誰の子供かわからなくなっている。こういうことを想定せずに名字がないタイプを選ぶ親は公園で子供が滑り台の滑る方から登って激突死すると一瞬思ったのだが、誰の龍之介かわからなくなるほど永遠に貼ってる俺の方が気味が悪いことに気づいた。せっかくなので思い出すまで貼っておくことにする。
プロフィール

たか

Author:たか
出羽亀

けつのあなカラーボーイ、A4しんちゃんという団体から漫画、文章の同人誌を出したりしてます。

連絡先 a4sinchan@yahoo.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR