FC2ブログ

連載

6月17日(月)発売の週刊ヤングマガジンから漫画の連載をはじめることになりました。

タイトルは「契れないひと(ちぎれないひと)」です。俺は、たかたけし。



去年DAYS NEOという編集者と出会える漫画投稿サイトに、このブログの漫画をそのまま転載していたのだが、3月に担当したいと言ってくれた編集者の方がヤンマガで、そこから1年ぐらいネームを持って行っては直し、持って行っては直し、「ここからここまでは原稿に描いても雑誌にしたら見えないから描いちゃダメだよ」と漫画の描き方の最初のページに載ってるようなことを教えられたり、「今誰が喋っていて何をしているの?」とコマを移動するたび質問されるので紙芝居してる気持ちになったり、「アパートの玄関ドアの外側に内側のポストを付けているね」と指摘され頬を赤らめたりしながら、いつのまにかマジかよと思う雑誌に連載が決まっていた。編集長、特に担当編集の方には、こんなことに根気よく付き合ってもらって感謝しかない。




2年前にやっと漫画賞をもらったが、いろいろうまくいかなかった。人間不信になる編集者とも出会い、雑誌の最終ページでそいつの役職が下がっているのを確認してほくそ笑んだり、雑誌の最終ページのそいつの編集者コメントを読んで「生意気に海外旅行行ってんじゃねえよ。お前みたいなクズはその場で回転してろ。」とイライラしたり、雑誌の最終ページしか読まない荒れた生活をしていたのだが、もう40だということもあり、このまま最終ページに吠えながら死んでいく人生は辛すぎると思い直して、また一からやるぞと前からよくエッセイ漫画の方が向いてると周りから言われてたので、ブログに描きはじめ、その中に出てきた飛び込み営業のエピソードが結果的に、新しい編集の方との出会いになり、連載になったので、くよくよしてる命が足りないおじさんでよかったと思った。



酷い目に合わされた人を忘れないように、優しくしてくれた人のことも忘れないものだ。たぶん相手が忘れてることも連載が決まったと聞いてから思い出すことがある。ネットで大喜利やってた時代からブログを面白いと言ってくれた人、けつのあなカラーボーイやA4しんちゃんの同人誌に描いたほとんど誰も読んでない私の漫画を褒めてくれた人、文学フリマのブースにいたら透明人間を見てる目をされたと卑屈な冗談言ってたことを聞かれたのか、私だけのサインが欲しいとわざわざ言ってくれた人、1番年上なのに何も言わず奢ってくれる人、仕事とはいえおじさんの耳まで舐めてくれたおっぱいパブの人、転んだ時に無かった石、ガラスの破片、まだスタートラインに立っただけですが、人の優しさでギリギリ40年生きてこられた実感があるので、ありがとうございますねこれからもよろしくお願いいたしますねと、‘ね’が付いただけで心を感じなくなる感謝で言いたいと思います。もしかしたら、すぐ打ち切られて、来年にはコンビニでヤンマガの最終ページに射精して逮捕されてるかもしれませんが、できるだけ楽しく続けられたらと思います。


連載は続けて読むほうが楽しいと思うのでしばらく読んでもらえると嬉しいです。

よろしくお願いいたしますね。





torigaraarigatogozaimasune.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

たか

Author:たか
出羽亀

けつのあなカラーボーイ、A4しんちゃんという団体から漫画、文章の同人誌を出したりしてます。

連絡先 takatakeshi300@gmail.com

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR