スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生になって一人暮らしをはじめる時実家から枕を持っていった。
_20171217_102945.jpg
今は馬の枕みたいになってるが当時は実家にある枕の中で1番綺麗であり、普段から使っていたからしっくりきてたこともあるのだが、大学合格してすぐ親父がリストラに合い、私の部屋の隣の台所から水割りの音と「わしは総務部長ぞ..」と哀しいひとりごとが聞こえてきたので、できるだけ新しいものは買わず家にあるものだけで引っ越そうと思ったのもあった。


大学を卒業し、また違う県で就職するために引っ越した時もこの枕を持っていった。その就職先の何かの景品で社員全員自分の頭に合ったオーダーメイドの枕を作ってくれたことがあり、枕がもう1つ増えた。
























IMG_20150718_020825.jpg
厚くない?



王様のブランチの買い物のコーナーでよく見るオーダーメイドの枕はもっと薄かった気がする。ちゃんと頭の高さとかメジャーで測って提出したのだができあがった枕はフランキーの肩に合わせた枕だった。
フランキー
ただ枕の中の綿の種類も選べてそれは頭に合ってたので、寝る前に枕を2、3発殴り頭が沈む窪みを作ると快適に眠りにつけたのでこのオーダーメイドの枕で寝るようになったが、この実家の枕を捨てることは無かった。


抱きしめて床オナニーをしてたからだ。









_20171217_102945.jpg
これを



_20171217_102920.jpg
こうして



DSC_0008.jpg
こう







枕なのでどうしても頭が尖ってしまい、女子バスケのポイントガードみたいな髪形の女性でしかシコれなくなってしまう、敷布団も黄色で胸元にJOMOと書いてるのではないかと思う人がいるかもしれないしいるわけないかもしれないが、そこはオナニーなのでBLACK OR WHITEのように髪形から肌の色から中学の同級生から松居直美までいくらでも想像で変えられるのである。


「床オナニーを..」と当たり前のように言ってるが、人によって知らない人や床オナニーの概念も違ってたりするので私の床オナニーを簡単に説明すると「頭部に見立てた枕をディープキスしながら敷布団の隅にちんぽを擦り付けて洗濯のことを一切忘れたままパンツに射精する」ことだ。













DSC_0009.jpg
寝バック












たまに布団を干す前の安全日にパンツも脱いで生のちんぽを擦りつけて床オナニーする中出しの日もあるが、コンドームを着けた方が気持ちいいって人がいるようにパンツを履いてた方が気持ちいいのであまりしなくなった。お菓子を食べながらテレビ見てる時堅あげポテトに伸ばした手があんかけを取ってしまうことがあるし。「フローリングに落ちた精液は見えにくい。」数少ない私が教えられることだ。







漫画家になるため上京して13年。ずっと寝具ではなく性の対象として使ってきた枕の存在が変わってきている。



























DSC_0005.jpg
娘だ。



テレビを見る時布団で寝る時娘として抱きしめながら寝るようになった。ただただ頭を撫でている。さんざん若い頃遊んできた男が娘が産まれてから変わるように、いつのまにか私にも娘が産まれていた。勝手な話である。娘と言ったが時には猫、時には犬になり、寝てる私の布団に潜り込んできた猫を抱きしめながら寝ていることもある。枕に自分の体温を移し、他人の温もりを感じている。




DSC_0010.jpg
散歩をさせたい...。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

たか

Author:たか
出羽亀

けつのあなカラーボーイ、A4しんちゃんという団体から漫画、文章の同人誌を出したりしてます。

連絡先 a4sinchan@yahoo.co.jp

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。