第二十三回文学フリマ出店のお知らせ

11月23日(水祝)東京で行われる文学フリマにA4しんちゃんというサークルで同人誌を発売することになりましたのでお知らせします。

【開催日】 2016年11月23日(水祝)
      11:00~17:00予定
【会場】  東京流通センター 第二展示場
      東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
【ブース】 2階Fホール【オ-39・40】
【サークル名】 A4しんちゃん


【タイトル】 「森のヤマンバ姉(ねえ)」1000円(税込)
森のヤマンバ姉表紙

参加者はこだま爪切男のりしろ酉ガラ、たかの5人です。
森のヤマンバ姉もくじ(ページ数無し)
こだま、爪切男は普段のブログのようなエッセイ、のりしろは小説、たかは漫画、酉ガラは長いツイートを書きました。よろしくお願いいたします。

【来場者特典】年賀状

希望者のみですが【こだま、爪切男、たか、酉ガラ、森のヤマンバ姉】のうち1人から年賀状が届きます。
当日ブースにアドレス帳が置いてあるので【住所 氏名 誰からもらいたいか】の項目を埋めてください。
いらない方は無理しないでください。

【注】のりしろは喪中のため不参加
  希望者多数の場合正月に届かない可能性もありますので気長にお待ちください。


ぜひご来場ください。よろしくお願いいたします。






























今さらだが、去年のりしろさんが「十七八より」という小説で群像新人文学賞を受賞した。

のりしろさんは大学生の頃から(知らなかっただけでもっと前からかもしれない)個人ブログで創作、ショートショートを毎日書いていた。はじめて読んだ時人の文章でこんなに笑ったことないぐらい笑い、これを毎日同じクオリティで淡々と書いてることに恐怖した。同じネットの趣味や私が書いてたブログを読んでくれてたこともあって、ネット上でだけだがずっと交流はあった。私がけつのあなカラーボーイというネットの集団に参加しはじめた時、のりしろさんも入ってくれないかなと思って誘うためにはじめてネット上ではなくオフで会うことになった。のりしろさんがネットの人に会うのはこれがはじめてだった。ブログでたまに出る大学生活の暗さ(友達がいない、便所で飯を食った)や妊婦がセックスするAVを見てることから人と接するのが苦手な感じかなと思っていたが、普通に目を見て話してくれる好青年だった。ブログでは創作の他に読んだ本の感想も書いていてそれが尋常じゃない数で、はじめて会った時も本屋で今日買った本を10数冊袋に下げていた。

けつのあなカラーボーイという集団がカスの動画を集めた動画祭をするので、何か自分たちでも撮りたいなと思い、のりしろさんと私と他数人で奥多摩の山奥へ行き“カメラを回しながらハイキングしてるとなぜか松本人志が見切れてる動画”を撮った。意味がわからないと思うが撮ったのでしょうがない。動画祭ではウケなかったが(松本人志じゃなく腕組んで眉間に皺を寄せて滝を見てる坊主の酉ガラだったので)撮影中こんなに楽しいことがあるのかとゲラゲラ笑った。

一緒になぜかアイススケートに行ったことがあった。私ものりしろさんもはじめてだったのだが、のりしろさんはすぐ滑れるようになり、私は壁づたいにヨロヨロ滑ってるところを同行したスケート経験者の女性に並走されながら「がんばって がんばって」と拍手され運動会の徒競走以来泣きそうになった。私がベンチで休もうとすると、のりしろさんは一人で滑りに行き、一周して帰ってくると一周してる最中に仲良くなった知らない姉妹の女の子を両手に連れていた。

いつ頃かわからないがのりしろさんは誰とも会わなくなった。ブログで淡々と創作を書く生活に戻っていった。ひさしぶりにご飯を食べる約束をしたが、約束の時間になっても全然来ないのでメールを送ると「今高尾山にいます」と高尾山から見える絶景の写メが送られてきて、「高尾山でうどんを食べてしまいました」と書かれていたのでそれはしょうがないと解散した。何の怒りも無く写メを見た時ウケたのだが、同時にどういうことなんだと不安にはなった。本人にしかわからないことだが、なんとなくこのままアクセス数一桁のブログに創作を書き続けて、いつしか人に見せることもどうでもよくなってブログにも書かなくなり、ひたすら部屋で誰も見ない原稿用紙にすごい文章を書いてる姿を想像した。

けつのあなカラーボーイがコミティアに同人誌を出したので、参加はしてないがのりしろさんにこういうのがあるので来ませんかと誘ってみた。特に返事はなく、当日を迎え、コミティアの会場で携帯を見るとのりしろさんから「東北に引っ越したので行けないです」と返事が来ていた。「一人でですか?」と聞くと「ネズミと来ました」と返事が来た。東京からペットのネズミと東北に引っ越したようだ。世界名作劇場みたいなデザインののりしろさんとネズミを想像しながら、なんかボーッとした気分になった。

数ヵ月後のりしろさんから連絡があった。向こうから来るのは珍しい。見ると「群像新人賞の最終に残りました」と書いてあった。東北ではこれに送る小説を書いていて、書けたので東京に戻ってきたようだ。「たぶん獲れると思います」とも書いてあった。数日後本当に受賞していた。人との飯の約束以外は有言実行だった。しばらくして、コンビニの夜勤の休憩中にtwitterを見てると、群像新人賞の授賞式で賞状を持って笑ってるのりしろさんが出てきて、関係ないのにこみ上げるものがあった。洞窟の中でずっと仏像を彫り続けてる仙人も山里を眺めてる日もあるはずで、勝手にいろんなことを想像してせつなくなっていたので本当によかったと思った。本人は何も思ってないかもしれないが。

そんなのりしろさんが珍しく「また同人誌をやりたいですね」(本人は覚えてないかもしれないが)と自分から言ったので、この同人誌をやることになった。

こだまさんがなし水に書いてた「夫のちんぽが入らない」を加筆修正して来年の1月にちゃんとした出版社から書籍として発売するらしい。イラストを送ったら「会いたい」と喫茶店に呼び出されて「将来性がある」「トップ3に入っていた」「髪型が若い頃のもんたよしのりに似てる」(悪口だろ)と阿佐ヶ谷姉妹の両方に似てるおばさんに通信講座に入会させられた講談社フェーマススクールズにしか褒められたことがない私からするとただただすごい話だ。少し前に出来上がった原稿を読ませてもらったのだが、なし水に書いてた「夫のちんぽが入らない」とは比べ物にならないぐらい面白くなっていた。爪切男も日刊SPA!でタクシー×ハンターという連載をはじめ、私と酉ガラは毎日ご飯を食べている。そろそろ誰も遊んでくれなくなりそうなので、今回の同人誌読んでみてください。よろしくお願いします。

にゃにゃげつ

最近臭いおじさん【過去記事】と一緒に夜勤をしている。

50過ぎの滑舌が悪すぎて猫が人間の言葉喋ってるみたいに聞こえる尋常じゃない加齢臭がして知らないところで夕勤の高校生にロッカーの制服をファブリーズでびちゃびちゃにされてるほとんど腐った死体のおじさんだ。

「にゃきんいがいにゃぜんぶにゃいれまゆ(夜勤以外は全部入れます)」と言ってた臭いおじさんだが、仕事ができなさすぎ臭すぎで他の時間帯から徐々にシフトを削られ、デリカシーのない昼勤のおばさんに直接体にファブリーズを吹きかけられ、ほんとのゴキブリみたいな追い出され方をして、以外はと言ってたはずの夜勤に渋々入ることになったみたいだ。それまでは臭いおじさんが夕勤に入ってる時に夜勤との交代ですれ違うぐらいしかなかったので、臭いのはわかっていても仕事のできなさは人からの悪口でしかわかっていなかった。

臭いおじさんは走る。とにかく走り回る。ただ何もしていない。本当にただ走ってるだけだ。
人に仕事が遅いのを怒られすぎて、やってる感を出すことに重点を置いてしまい、ガキ使で大食いに挑戦してる時の山崎邦正みたいになっていた。要領も悪く、意味のない行ったり来たりを繰り返し、せっかく走ってきたのにただ呆然と見てたり、運動音痴が体育の授業でヤンキーと同じチームでバスケットボールをしてるみたいな動きだ。


「ゆっくりでいいのでひとつずつ片付けていきましょう」


“あまり叱ると自分の殻に閉じ籠る”というどうしようもない情報を臭いおじさんと一緒に昼間も働いてる夜勤の人から聞いてたので優しく伝えることにした。

コーヒーメーカーのココアが入ってる筒を取り外し、いったんココアを筒から袋に移し、筒を水洗いし、水を拭き取り、またココアを戻す。という15分あればできる清掃作業を1時間以上かかっていたので見に行くと、筒の中にある滑車(これが回ってココアが出る)を止めるピンを穴に入れることができずに何度も落としていた。はじめは手先が不器用なのかなと思っていたが、あまりにも入らないので様子を見ていると穴の形が右に向いたひょうたんなのに、ピンを左に向いたひょうたんにしてずっと差していた。「○○さん、もしかして見えてません?」と冗談で聞いたら「にゃい(はい)」と言われた。

最近いつもかけてた眼鏡が壊れたのだが、予備の眼鏡の度が合ってないらしく見えないらしい。予備でも度は合ってないとダメだろと思いながら、じゃあ壊れた眼鏡を治したらいいんじゃないですかね?と尋ねると「にゃあぁ...(いやあ..いつもやってくれてる眼鏡屋があるんですが、最近ずっと閉まっていて行けないんですよね..)」と言われた。


「どれくらい閉まってます?」

「にゃにゃげつ(2ヶ月)」(閉店だろバカ)


最近ってわりと前だなと思いながら、それだけ開いてないならもう開かない可能性の方が高いと思うんで違う眼鏡屋へ頼んだ方がよくないですか?と言うと「にゃあぁ..(いやあ..ずっとそこの眼鏡屋だったんで、何も言わなくても全部伝わりますし..)」いや、違う眼鏡屋で口で伝えればいいんじゃないですかね。「にゃあぁ...(いやあ...でもその眼鏡屋のおじいさんじゃないと調整ができないんですよね..)」

お前の眼鏡はガッツのドラゴン殺しか。なんでゴドーじゃないと研げないみたいなことがあるんだよ。と思ったが、もしかしたら私が知らないだけでこの平成が終わりそうな現在でも眼鏡の調整は今だ難しく、どこの店でもできることではないのかもしれない。じゃあそれでいいですけど、仕事に支障が出てるのは間違いないので、せめて穴が見えるぐらいに予備の眼鏡を調整してきてくださいと伝えた。

臭いおじさんは右利きなのに釣りを渡す時だけ左手で渡そうとする。お客さんが取りづらそうなので、右で渡さないんですか?と尋ねると、「教わったのがこれなんで、これでやらせてください」(怖っ)と強めに言われた。臭いおじさんは昔違うコンビニで社員として働いてたらしく(ほんとかよ)、その時はじめの研修で教えてくれた人が左利きだったのでそう覚えてしまったようだ。全く意味がわからないが、コンビニ店員も右打ち左投げとかあるんだと無理矢理自分を納得させた。

退勤後廃棄の弁当を二人で食べてる時、無言の室内に加齢臭と南蛮の臭いだけが漂ってる状態がつらくてつい「結婚とかされてますか?」と無粋な質問をしてしまった。「にゃにゃの...(今の彼女と結婚を考えていて式をあげる予定だったんですが、兄が病気で倒れて介護をしなきゃいけなくなって延期になったんです)」と予想してなかった答えが返ってきた。勝手に臭いおじさんは独り身で母親と住んでいて、50すぎても母親に隠れてオナニーしてると思っていた。申し訳ない。後日昼間も臭いおじさんと一緒に働いてる夜勤の同僚に聞くと、彼女は三十代前半のフィリピン人の女性らしい。昼勤の人達がたまに開いてる飲み会で彼女の写メを見たら、若くて美人だったので、貢いでるだけで客なんじゃないかと昼勤のおばさんに疑われてるみたいだ。続けて臭いおじさんは「にゃに..(兄だけでなく、母親の介護もしてるので夜勤がきつい)」と喋り出した。それがあるから夜勤以外はと言ってたのか。ほんとは昼勤にもっと入りたいがあまりシフトに入れてくれないと嘆いていた。ただ臭いおじさんの仕事ぶりを目の当たりにしてしまった今だとお昼時にこんなスピードで仕事されるとやっていけないわなと、ただかわいそうとも思えなかった。

臭いおじさんと夜勤に入ってもう1ヶ月経つが、最新のおじさんの仕事のスピードが1番遅いという謎の退化をしている。ずぅ~っと同じミスを繰り返し、少しも進歩してくれないどころかしてなかった新しいミスをはじめ出す。まだ眼鏡の度は合ってないが、もう何も言わない。合ったところで..と思ってるからだ。電話で何かのアニメとコラボしたお菓子が納品されるかどうか尋ねてきた人に、何度も「ラングドシャ」と言って「えっ?」と大声で聞き返されていた。

びちゃびちゃ

男子ロッカーを開けると見たことない顔写真がついた制服があった。50代のおじさんが入ってきたようだ。監視カメラを巻き戻して確認すると舌が短いのか歯が無いのかわからないが滑舌が悪い癖に早口で接客中何言ってるほとんど聞き取れないハゲたおじさんが働いていた。申し訳ないが仕事できなそうだなと思いながら連絡ノートを開くと、パートで1番性格の悪いおばさんから「経験者と聞いていたのですが」「先が思いやられます(>_<)」「(お客が多い)土曜が怖い(T_T)」とすでに二度と好かれることない嫌われ方をしていて、それに対しておじさんが達筆すぎてほとんど何書いてるかわからない文字で謝罪していた。喋っても書いてもほとんど伝わらない人が接客業の経験者ってただクビになった経験があるだけの気がするが、おじさんが言うには前いたコンビニでバイトから社員になってたらしく、普通はプラスになる情報なのに全員から仕事ができない上に嘘つきのハゲと思われてしまった。

コンビニはうちに限らず万年人手不足なので、おじさんみたいに夜勤以外はどこでも週何日でも入れますみたいな人はそれだけで採用される。朝、昼、夕と孤軍奮闘すればするほど悲しいかな嫌われる人数も怒りの深さもどんどん増していき、ノートに書かれる今日の感想が殺す理由まで書かれたデスノートになっていった。

おじさんが来てから男子ロッカーが柔道部のロッカーに変わった。殺人的な加齢臭がする。私は夜勤なのでそんなに接触したことがなく知らなかったが、朝勤の眼鏡をかけたおとなしい誰の悪口も言わない女子大生が“口も臭い”と教えてくれた。おじさんの身になると自殺したくなるが、臭いというのは仕事ができないとか性格が悪いとかより一番に治さなくちゃいけないことだとわかった。私はこのおじさんよりはさすがに仕事はできるが、数十年後臭くなったら成果の全てが無にされるかもしれない恐怖を、夕勤の高校生たちが「びちゃびちゃにしちゃえよ」とおじさんの制服にファブリーズを吹きかけてるのを見ながら感じた。


たぶん私がこのおじさんに1番優しく接している。あまり関わりがないせいもあるが、もっとひどい奴と仕事をしてるからである。三ヶ月くらい前に入ってきたネパール人の学生シャマランである。いまだにレジと掃除ぐらいしか任せられないし、レジと掃除もそんなにできていない。まずシャマランは誰にも謝らない。レジでよく釣り間違いやポイントカードを通し忘れたりするのだが、客に謝らないし、合ってる通したと平気で嘘をつき、缶チューハイを買い物袋から半分出して飲んでるギターを背負った女になぜか私が顔面を近づけられて殺すぞと言われたりした。最初の頃は日本語があまりわからないからかなと思っていたが、それだけではないことがだんだんわかってきた。シャマランは私が目を離すと何も仕事をしなくなる。私が事務所で休憩してる時ふとカメラを見ると店内に誰もいない。裏の倉庫を見に行くとシャマランは壁にもたれて携帯を見ていた。こいつは自主的に動くことはないので常に仕事をこちらから与えないといけないと思い、私が休憩してる間商品の前出しをするように指示した。カメラを見ていると両手を後ろに組み、店内をゆっくり歩きながらたまに商品を突く気功の達人がいた。私がウォークインというペットボトル飲料の棚の裏に入って品出ししてる時中から店内が見えないので、シャマランに窓掃除をしておくように指示をした。品出しが終わり、店内に戻りシャマランに終わった?と聞くとオワッタと答えた。窓を見るとどうもやった感じがしなかったので監視カメラを巻戻して見ると、事務所の椅子に座り、廃棄のおにぎりを食べながら椅子を90度行ったり来たりしてるネパール人がいた。私は人に怒鳴ると疲れるのでいつも「ダメだぞ」ぐらいの低温でしか注意しなかったらどんどんシャマランに舐められていき、とうとう注意してる間シャマランはヘラヘラするようになった。

シャマランと一緒に仕事をして本当の姿を知ってる店員は私しかいないので、夜勤と交代でやってくる朝勤のおばさんたちにシャマランは人気者だった。シャマランがクズなことを誰にも報告してなかったので、ネパールから単身日本にやってきて苦労してる純朴な青年として、おばさんがシャマちゃんと呼んだり、ジュースを奢ってあげたりして、カメルーンと中津江村みたいな空気が流れていた。なんか嫌だなと思いながら、まあいいかと流してたのだが、シャマランが糞の役に立たない上に足も引っ張られてるので1日の夜勤仕事のほとんどを私がやらなければいけない生活が続き、疲れきった退勤後カメルーンと中津江村を見てると無性にイライラしてきて、中津江村の方にまで殺意を覚えだし、シャマランがクチャラーなことにもムカついてきた。その日もシャマランが何度教えてもレジ点検の表を適当に書くので注意したら、ここが変だよ日本人とヘラヘラしてたので、


「あのさぁ、すみません。ごめんなさい。って日本語知ってる?」



「??ゴメンナサイ??シッテル」



「それって、、、今使うんちゃうんかああああああああい!!!!!!」

と林先生みたいな誘い方で怒鳴った。“今使うんちゃうんかい”は伝わってないと思うが、今まで1度も怒鳴ったことなかったのではじめて生で聞く大きい声の関西弁は効いたみたいだ。それからはミスをするたび

「ご、め、ん」

「ゴ、メ、ン.」

「な、さ、い」

「ナ、サ、イ」

とごめんなさいを陰湿に無理やりにでも言わせてると、ヘラヘラすることも仕事中サボることもなくなり、雑だが一応指示通り仕事はしてくれるようになった。


ある日休み明けに出勤すると、シャマランが辞めていた。
「ワタシキョウデヤメル。アナタ、アタマオカシイヨ」と怒って辞めたらしい。
私が休みの間はじめて他の夜勤と一緒に仕事をしたのだが、仕事中裏の倉庫で寝転がりYouTubeを見ていたようだ。怒鳴られると「ハジメテダカラユルシテヨ」と口論になり「アナタアタマオカシイヨ」と言って辞めたようだ(どういうことだよ)。「タカサンハヤサシカッタ」と言ってたらしく、もしかしたら気づいてないだけでヤラレまくってたのかもしれない。そんな話を聞いてたら、事務所に腐(くさ)おじさんが入ってきた。他の店舗で夕勤をしたあと、うちの店の厨房の発注をしにきたようだ。最近腐おじさんが厨房の発注を任されるようになった。カツとソースとキャベツを発注し食パンを発注せず挟めなかったり、カツとカレーを発注し容器を発注せず盛り付けれなかったりして死ぬほど怒られてるらしいが、ずっと全力でローリングヒルから水没してる清々しさがあり、私だけは味方でいてあげよう(腐おじさんと呼んでしまっているが)と思いながら、ロッカーを開け、シャマランの制服の胸ポケットに差してあった私が買ってあげたボールペンを取り出し、巻いてあった紙に書いた“シャマラン”を引きちぎり自分の胸ポケットに差した。

あなたが寝てる間に...

あなたが寝てる間に
あなたが寝てる間に2
あなたが寝てる間に3
あなたが寝てる間に4
あなたが寝てる間に5
あなたが寝てる間に6
あなたが寝てる間に7
あなたが寝てる間に8
あなたが寝てる間に9
あなたが寝てる間に10
あなたが寝てる間に11
あなたが寝てる間に12
あなたが寝てる間に13
あなたが寝てる間に14
あなたが寝てる間に15
あなたが寝てる間に16

インナー

気づいたらパンツが5枚になっていた。


実家住まいの頃母親がなぜか定期的にセール品のパンツを買ってくるので、自分で買わなくても私のクローゼットの中はパンツで溢れていた。県外の大学で一人暮しをはじめてから今までそのクローゼットと一緒に引っ越してきたので、ボロボロになったパンツを捨て引き出しに手を入れると次のパンツが出てくる魔法が20年近く続いていた。それは私が普通の人よりパンツを捨てない性格のせいもあり、ここまで魔法が解けなかったと思われる。



パンツ1
“パンツって買う?見えないのに。”金が無くなり風俗も行かなくなった40手前の私が綺麗なパンツを履く意味がわからない。“四つん這いになるので、(アナルを)舐めながら(手コキを)お願いします”とリクエストはするがボロボロのパンツを見られるのは嫌だ。風俗嬢のウゲッて顔を見たくない。友達からはじめたい。四つん這いでアナルを舐めさせたら同じだろと思うかもしれないが、それはウゲッてなった方が気持ちいいので大丈夫(不思議ですね)。風俗嬢の目を意識しなくなってから私のインナーは全てボロボロになっていった。Yシャツの下のTシャツ、パンツ、靴下全部に穴が開いている。靴下は和風居酒屋で靴を脱ぐことがあるのでたまに100円ショップで買い換えるが、さすが100円だけあってすぐ穴が開いてしまい、常に穴が開いてないのが1、2個という状態が続いている。靴を脱ぐ場面が和風居酒屋しか想像できない現状も恐ろしいが、写真にパンツが5つ写ってるということはちんぽ丸出しで撮影していたことになるし、よく見ると敷布団にも穴が開いていて、私は掛け布団をアウターだと思ってるのかと怖くなった。出張ヘルスを呼ばなくなった弊害が出ている。








パンツ2
比較的新しい感じがするので、たぶん上京してから買ったパンツだと思われる。履き心地はウエストと太ももがきついのであまり良くない。実はクローゼットの奥の方にこの5つ以外のパンツがまだ数枚眠っていたのだが肥満のためウエストと太ももが入らなくなってる物ばかりで、これはまだなんとか履けるので使っている。











パンツ3
これは去年買ったので覚えている。近所の100円ショップで買ったパンツだ。靴下は年中100円ショップで買うがパンツは買ったことなかったのでどんなもんかなと試しに買ってみた。サイズも1番大きいやつにしたので心地いい。ただ材質がペラペラのテカテカで、小便をしたあとの残り汁が1、2滴出ただけで油にジョイを垂らしたみたいに広がり、なかなか乾かない不快感がある。













パンツ5m
これはたぶん営業してた頃に買ったボクサーパンツだ。履き心地がいいのでずっと愛用している。ここに穴が開いているとほとんどノーパンだがアナルには開いてないので履いてる意味はある。












パンツ4m
靴底の減り方に歩き方の癖が出るようにパンツにも出るらしい。信じられないかもしれないが履き心地はいい。














パンツ6
たぶん上2つのボクサーパンツを買った時と同時期に買ったと思う。履き心地が断トツでナンバー1だ。大切な乃木坂のライブを見に行く時や冠婚葬祭にはこれを履くようにしている。少しほつれてるだけで穴も開いてないしまだまだお世話になりますと言いたいが





パンツ7m
そうもいかないようだ。

このパンツを履いてると気のせいかもしれないが、自分のアナルの臭いを感じるようになった気がして不安になっている。まさかとは思うがアナルの上に生地が無いから..?











パンツ8m
うんこをしてないのにうんこをしてると思われるかもしれない..。まあそれは誰にも見られないからいいのだが、アナルの臭いがするのは嫌だ。どうやら私のパンツの買い替え時は“外にアナルの臭いがしたら”のようだ。100円ショップのパンツは止めだ。Right-on に買いに行かなくちゃ。











パンツ9

せめて下着泥棒にウケるといいな。
プロフィール

たか

Author:たか
出羽亀

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR